H様

二世帯リフォーム~3世代の家族が仲良く暮らせる明るく暮らしやすい住まいへ

二世帯リフォーム

石友リフォームサービスのH様邸のリフォーム施工事例です。

息子さんのご結婚を機に、3世代の家族、そしてこれから増えていく家族が、仲良く暮らせる住まいにしたいというご要望から始まったリフォームです。

すべてを新しくするのではなく、家族の大切な思い出は残しながら大空間のLDKを実現しました。

リフォームの動機

息子さんのご結婚され、3世代が同居することができる住まいにしたい。

リフォームのポイント

<新旧融合の和洋折衷の外観>
既存部分が一部残る外壁は、和のテイストを感じさせる色使いにこだわり、新旧を融合させました。
<新旧を融合した玄関ホール>
既存の階段や和室への入り口が残る玄関ホールは、既存の色合いを生かした内装色をご提案。新たに大容量の収納スペースを設け、ご家族が多くても玄関はいつでもすっきりできるようになりました。
天井の間接照明を新たに設け、リフォームだからこそ可能な新旧の融合によって、他にはない高級感を演出しています。
<3世代家族がくつろげるLDK>
リビング部分を約10帖の畳コーナーとしました。明るい色調の内装はダイニング・キッチンからそのまま続き、開放感のある大空間に仕上がりました。
世代・年齢の異なる3世代家族がゆったりとくつろいでいただけ、大空間のLDKとなることで、同じ空間で各々が、思い思いの時間の過ごし方もできる住まいとなりました。
<家事動線上の大容量収納>
キッチンから勝手口への動線上に設けた収納が、家事の時短ポイントです。買い置きの生活用品から掃除機までたっぷり収納できます。また、家族各々の物を棚毎に分けても収納できる大スペースの収納です。
<明るく暖かみのあるトイレ>
1階のトイレは来客された方も使いやすい位置に新しく設けました。
明るく見える内装はもちろん、断熱性をアップさせる工事も行い、ご高齢の方にも安心の暖かなトイレとなりました。
<シンプルシックな若ご夫婦寝室>
若ご夫婦の好みを生かし、2階の内装はシンプルシックなデザインにまとめました。
寝室の照明はダウンライトのみを採用。明るすぎない空間となり、一日の疲れを癒し心地よい眠りへと誘う寝室です。
<若ご主人のプライベートスペース>
若ご夫婦の寝室の一角に設けたちょっとした書斎コーナーは、若ご主人のプライベートスペースとして使われます。
ダーク調のアクセントクロスがポイントとなり、天井からのつながりがあるシックな印象です。

  • 3世代家族がゆったりとくつろいでいただけ、大空間のLDKとなることで、同じ空間で思い思いの時間の過ごし方もできる住まいへ。

  • キッチンから勝手口への動線上に設けた収納が、家事の時短ポイント。たっぷり、棚毎に分けて収納できる大スペースの収納。

  • 若ご夫婦の好みを生かし、2階の内装はシンプルシックなデザインに。寝室の照明は明るすぎない空間で、一日の疲れを癒し心地よい眠りへと誘う寝室。

  • 既存の階段や和室への入り口が残る玄関ホールは、既存の色合いを生かした内装色。大容量の収納スペースを設け、ご家族が多くても玄関はいつでもすっきり。天井の間接照明は、リフォームだからこそ可能な新旧の融合によって高級感を演出。

費用 2000万円前後 工期 90日間
築年数 45年 改修面積
家族構成 住宅形態 戸建て

管理番号FUK028A16

お客様のご感想

石友リフォームからご提案いただいた間取りプランが理想的でした。「ここなら信頼できる」と思えたことが依頼した理由です。
広くなったダイニングキッチンとタタミリビングは居心地が良く、家族みんなでゆったりくつろいで過ごしています!

担当スタッフからのコメント

息子さんのご結婚を機に、3世代がご同居する事となりリフォームを決断された施主様。新しいご家族がこれから増えていく中で、ご家族皆さんが仲良く集まれる住まいへのリフォームがご要望でした。
LDKは、世代・年齢の違うご家族が集まっても、心地よく過ごせる広々とした空間になることが大切なので、畳コーナーのリビングとしました。家族が多ければそれだけ物も多くなるので、大容量で収納できるスペースの確保と、ご家族各々の動線が被らず動けることも間取りの重要なポイントとしてご提案。
内装に関しては、3世代のご家族、これからは4世代になるご家族にとって、どうすれば心地よくLDKで集まって過ごしていただけるかを重視し、明るく暮らせる色使いや、照明に配慮してご提案しました。