その他・お役立ち情報

2020/09/05

照明リフォームをご検討の方 高岡店より[Vol.334]

こんにちは!

今回のコラムは富山県高岡市にある、石友リフォームサービス高岡店ショールームからお送り致します。

 

みなさんは暮らしについてどのようなお悩みがありますか?
最近はコロナウイルスの影響で、お家にいる時間が増えています。
このような時期には、お家の中で充実した生活を送れるようにと考える方も多いですよね。

 

照明はお部屋の雰囲気を左右する需要な要素です。
お家時間を充実させるためには、照明は欠かせないものですので、今回は照明についてご紹介させていただきます。

 

 

まず照明の種類からご紹介させていただきます。

 

1.シーリングライト
天井につけるタイプの照明です。
広範囲を照らすことができ、部屋を均一に明るくしてくれます。

 

2.ダウンライト
天井に埋め込むタイプの照明です。
天井面に凹凸がなく、すっきりとした印象になります。
サイズや明るさなどたくさんの種類がありますので、必要な明るさにあったダウンライト選びと設置する数やその設置の位置が大事になります。

 

3.ペンダントライト
天井から吊り下げるタイプの照明です。
空間のアクセントとしても使え、空間を演出できます。
大型タイプや小型のタイプもあり、デザインが豊富です。
ダイニングやカウンターの上に並べることも多いですが、ペンダントライトを使う際には取り付け高さには気をつけましょう

 

 

4.ブラケットライト
壁付けタイプの照明のことを言います。
リビングや寝室など居室で主に部分照明として用いられているほか、天井面に照明が取り付けにくい階段や吹き抜け、勝手口などによく使われます。
洗面所やトイレの鏡の上につけることで、おしゃれな空間にすることができます。
リビングなどの広い空間では、補助照明として使われることもあります。

 

5.スポットライト
置物、絵など空間の一部を強調したい時に適している照明で、空間演出にもおすすめの照明です。
スポットライトとダクトレールとあわせれば可動域が広がりより自由度が高まります。

 

6.シャンデリア
豪華な装飾と豊富なデザインが魅力の照明です。
リビング・ダイニング・吹き抜けなどの広い空間を照らすのに適しています。
他の照明に比べて重く、高さがあります。

 

7.スタンドライト
置くタイプの照明です。
部屋の隅などに置くスタンドライトは、部屋全体ではなく部分的に照らす場合や、部屋のアクセントや明るさを補うための照明として使用することが多いです。
テーブルの上に置くテーブルライトは読書用や作業用の手元灯として使われます。
スタンドを置く予定の位置にはあらかじめコンセントなどの電源を用意しておくと良いですね。

 

8.間接照明
反射光で間接的に空間を照らす照明です。
照明を見せずに光で空間を演出している方法で、立体感が生まれ、落ち着いた空間をつくることができます。
光源が見えないため、目に負担がかからず、リラックスした空間になります。

 

他にもいろいろな種類がありますので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

 

 

次に照明の色についてです。

 

照明器具で使われるランプの色は電球色、温白色、昼白色の3つで大体分けられます。
色温度の単位は、この絶対温度の単位であるケルビン「K」で表され、温度が上がっていくにつれて「赤→黄→白→青白」と色が変化します。

 

1.電球色(でんきゅうしょく)は約2700K
食事やくつろぎのスペースには電球色の色合いがよく合います。

 

2.温白色(おんぱくしょく)は約3500K
温白色とは、人にとって一番身近な太陽の明るさに最も近い自然な光の色です。
自然な明るさなのでどんな部屋にもマッチします。
オフィスなど昼光色のおすすめ設置場所としてご紹介した場所でも、明るすぎると感じる方は温白色がおすすめです。

 

3.昼白色(ちゅうはくしょく)は約5000K
活動的な昼間の太陽光の色に近い白っぽい色の昼白色は勉強部屋や仕事場にオススメです。
またリモコンなどで色合いや光の強さも簡単に変えられるものが多くありますので、使用場所や使うシーンに応じて電球や色を選ぶとよいでしょう。

 

照明の明るさについてですが、年齢によって適正な明るさは変化します。
人は年齢による視力の変化で、年を重ねるごとに必要な明るさが変わってきます。

 

調光機能が付いているシーリングライト・ペンダントライトならば、お好みの明るさが調整できるので、 明るすぎるという心配もありません。

 

 

照明の選び方や注意点として、必要な明るさがあるか、使う人に合っているか、高さは合っているか、設置場所は正しいか(スイッチの位置なども)、インテリアに合っているかなどがあげられます。

 

専門的な知識が必要となってくるため、ぜひご相談いただければと思います。

 

今回は照明についてご説明させていただきました。

 

お悩みがある方は、石友リフォームサービス高岡店までお気軽にお電話、来店をお持ちしております。小さなお悩み事でも、ぜひお気軽にお問い合わせください。
スタッフ一同、お待ちしております!

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

石友リフォームサービス高岡店
富山県高岡市京田616
【電話】0120-293-403
駅南大通りの京田(南)交差点付近です。