浴室・洗面・トイレ

2019/08/31

洗面脱衣室を考える[Vol.208]

こんにちは!インテリアコーディネーターの早稲田です。

今回は越谷ショールームよりお届けいたします。

 

私ごとですが、最近洗濯機が壊れて買いかえることになりました。

突然の出費がつらいところです。

 

以前の洗濯機はドラム式でしたが、今回は縦型に変えました。

以前の洗濯機

(うちの犬がタオルをくしゃくしゃにしていました)

 

ドラム式の洗濯機だったので、バスタオルそのまま洗濯機の上に置いていました。

(美しくないですね)

たて型にするにあたり棚を設置する予定です。

最近洗面脱衣室のプラン・パースを作らせていただきましたが、洗面脱衣室はとても奥が深いなと感じます。

することが多く、物も多いですよね。

洗濯機、脱衣かご、バスタオル、洗剤、ドライヤー、ハブラシ、着替、などなど

 

イメージパース1

こちらのお宅は、洗面化粧台の横のサイドキャビネットに脱衣かご付のタイプにし、扇風機が室内にあったため、上部にコンセントを設定しました。また、女性の多いご家庭なので、収納部がたっぷりなのはもちろんですが、身支度する際にも便利なように、洗面化粧台の横にちょっとした物が置けるスペースもあります。お風呂からあがったあとは、ボディケアができる、イスも仮に置いてあります。

 

イメージパース2

こちらのお宅は、以前は洗面脱衣室とキッチンがつながっているのに、脱衣かごやタオルのせいで、行き来がしづらくなっていました。サイドキャビネットへタオルを、洗濯パンを少し小さくして、横に脱衣かごを置いてあげられるようにしました。

またハンガーパイプをご自身でつけていらっしゃいましたので、リフォーム後は浴室で干せるように浴室換気乾燥暖房機付のユニットバスのご提案です。ハンガーを仮にかける場所として、洗濯機上の収納下にハンガーパイプがあるタイプとしました。

 

ご家族の構成や、使い方、間取りによって、プランも変わりますので、お客様にとっての最適なご提案ができればと思います。

越谷ショールームには洗面脱衣室がイメージできる空間もございますので、ぜひ一度ご相談にお越しくださいませ。